バニラエアの座席指定やシートピッチに関して

大手の料金が他界ため、格安航空を利用することに

大手の料金が他界ため、格安航空を利用することに座席は広いとは言えなかった様々な面を比較して決めよう

いつもは大手航空会社を利用して東京の羽田から大阪まで行っていました。
しかし、今回は大手航空会社の航空券の値段が非常に高く、気軽に予約することが出来ない値段設定でした。
そのため先日初めて、国内線利用で成田空港を利用しました。
というのも、バニラエアの国内線は羽田空港からではなく成田空港から出発することになります。
成田空港から国内線を利用するという新鮮な気持ちを持ちながら利用したバニラエアの座席指定の制度やシートピッチに関して記載します。
レガシーキャリアを利用する場合、座席指定を無料で行うことが出来ます。
しかし、今回利用したバニラエアの場合はLCCということもあり、座席指定を行う場合、基本的にはお金を払う必要があります。
シンプルバニラやわくわくバニラを利用した場合、インターネット上でクレジットカードを使って決済することで座席を指定することが出来ます。
しかし、私は預け荷物など様々なサービスを無料で利用することが出来るコミコミバニラで予約したため、スタンダートシートは無料で指定を行うことが出来ました。
そのため、無料で希望する場所に座ることが出来ました。
LCCを利用する際、多くの方が離れ離れになることを心配されますが、友人らと機内で離れ離れになることもなく、楽しい機内を過ごすことが出来ました。
LCCと聞くと、座席指定を行う場合必ずお金を払う必要があるというイメージがありました。
そのため、万が一お金を払わずにチェックインを行った場合は、友人らと一緒に飛行機に搭乗するとしても、必ず離れ離れになってしまうと考えていました。

バニラエアで有料の座席指定をする意味

一人きりで旅行をすることが多い私にとってはLCCで座席指定をするのが有料なのは特に問題を感じることはありませんでした。
どの席になっても同じようなものであり、窓際か通路側かでの好みもなかったのでどのLCCを利用するときにもオプションとして選ぶことがなかったのです。
ただ、バニラエアを利用したときにたまたまリラックスシートを利用することができて考え方が変わりました。

昔から旅行が好きで海外旅行にもよく行っていましたが、その頃に利用していたのは日本の大手航空会社でした。まだLCCの就航が活発に行われていなかった時代なので他に選択肢がなかったからです。
多数のLCCが登場して安く国内旅行ができるようになってからはよく利用するようになりました。
そのときに確かにシートピッチの狭さが気にかかったことはあったものの、実際には二時間にも満たないようなフライトばかりなので意に留めないうちに慣れてしまったのです。
その点で安い方が良いという気持ちさえあればLCCで十分だったのですが、バニラエアでたまたま空席があったのかリラックスシートに案内されたときには座席の快適さに驚かされざるを得ませんでした。
先頭の席だったので足元がゆったりとしていて伸ばすことができたのです。
また、もともと革張りになっているシートは座り心地もよく、そこにリラックスした気分で座れるのは贅沢な気分を得るのに十分なものでした。
旅行に行った帰りのフライトだったこともあってその快適さを実感したのでしょう。
この経験をしたことで身体をいたわるなら少しだけでも出費をして良い座席に座った方が良いと考えるようになりました。

それを初めてお金を払ってまで決行したのはバニラエアでマニラに行ったときでした。
久々の海外旅行だったので四時間というフライト時間が体力的に辛いのではないかと考えたからです。
チケットが売り出されると共にすぐに購入してリラックスシートを選択し、先頭の座席を確保しました。
このときには帰りの荷物が多くなるだろうという予想もあったのでコミコミバニラにしようかと悩みましたが、余計に費用がかかってしまいたくないと考えてシンプルバニラにリラックスシートを付けるという形で申し込みました。
先頭の席を選んでおいて良かったのはゆったりとしていてフライトの四時間という長い時間を休息に使いやすいことだけではありませんでした。
機内サービスでご飯を食べる予定だったのですが、数量限定のお弁当を確実に確保することができたのです。
リラックスシートを手配するのにかかった費用は片道1200円でしたが、四時間も快適にするためのものと考えると十分に納得のできるものでした。
足置き台を準備して来ていたのでそれも役に立ち、贅沢なフライトを実現することができたのです。

コミコミバニラにするとスタンダードシートでの座席指定が無料で行えるようになりますが、リラックスシートにかかる費用についてはシンプルバニラと違いはありませんでした。
そのため、荷物を預ける予定があったとしてもリラックスシートを選ぶならシンプルバニラの方がお得なことの方が多いでしょう。
私もその計算をしてみて予約変更や払い戻しなども全て利用するという想定にしておかない限りはリラックスシートを選んだらシンプルバニラの方がお得だという結論に達しました。
料金体系は変化する可能性があるのでいつもこのような状況であるとは限りませんが、上位のシートを予約するときにはセット価格が割引にならないこともあるのは覚えておくと良いと感じた点です。
バニラエアはスタンダードシートとリラックスシートの差が大きいので、特に指定する意味があると考えています。