バニラエアの座席指定やシートピッチに関して

大手の料金が他界ため、格安航空を利用することに

大手の料金が他界ため、格安航空を利用することに座席は広いとは言えなかった様々な面を比較して決めよう

いつもは大手航空会社を利用して東京の羽田から大阪まで行っていました。
しかし、今回は大手航空会社の航空券の値段が非常に高く、気軽に予約することが出来ない値段設定でした。
そのため先日初めて、国内線利用で成田空港を利用しました。
というのも、バニラエアの国内線は羽田空港からではなく成田空港から出発することになります。
成田空港から国内線を利用するという新鮮な気持ちを持ちながら利用したバニラエアの座席指定の制度やシートピッチに関して記載します。
レガシーキャリアを利用する場合、座席指定を無料で行うことが出来ます。
しかし、今回利用したバニラエアの場合はLCCということもあり、座席指定を行う場合、基本的にはお金を払う必要があります。
シンプルバニラやわくわくバニラを利用した場合、インターネット上でクレジットカードを使って決済することで座席を指定することが出来ます。
しかし、私は預け荷物など様々なサービスを無料で利用することが出来るコミコミバニラで予約したため、スタンダートシートは無料で指定を行うことが出来ました。
そのため、無料で希望する場所に座ることが出来ました。
LCCを利用する際、多くの方が離れ離れになることを心配されますが、友人らと機内で離れ離れになることもなく、楽しい機内を過ごすことが出来ました。
LCCと聞くと、座席指定を行う場合必ずお金を払う必要があるというイメージがありました。
そのため、万が一お金を払わずにチェックインを行った場合は、友人らと一緒に飛行機に搭乗するとしても、必ず離れ離れになってしまうと考えていました。