バニラエアの座席指定やシートピッチに関して

座席は広いとは言えなかった

大手の料金が他界ため、格安航空を利用することに座席は広いとは言えなかった様々な面を比較して決めよう

しかし周りに座っている人の様子を見てみると、早くからチェックインカウンターに並び処理をしてもらうことで、お金を払うことなく無料で並び席を確保できていました。
勿論、並び席になっているだけで場所自体は後ろの方になってしまったりしてしまいますが、並び席だけは譲れない、でも余分なお金を使いたくないと考えている方は、早くからチェックインカウンターに並んで処理をしてもらうことで並び席を確保することが出来るようなので、今後利用予定の方の参考になれば幸いです。
さて、並び席に関する話の次は気になるバニラエアのシートピッチに関して記載します。
実際に182センチの私が座ってみると、シートピッチは決して広くはありませんでした。

横浜
ポムポムプリンカフェ ぐでたまコラボ

ランチョンマットもありました✨コースターはドリンクを頼んだ方に✨

グッズは
トートバックとランチトート2種類✨

今、ポストカードは、ぐでたまコラボとバニラエアのプリン君両方もらえます(*⁰▿⁰*)💓

バニラエアのメニューもまだ開催してました✨ pic.twitter.com/B4EjX7HF88

— ぐでたま戦隊 (@gude_sentai_5) 2018年2月6日
以前大手航空会社を利用した際は、シートピッチは決して広くはないものの、比較的ゆったりと座ることが出来ました。
しかし、バニラエアの場合はシートピッチは非常に狭くゆったりと座ることが出来ませんでした。
搭乗した時間は東京成田から大阪まで1時間程度のフライトのため、シートピッチが狭くても問題はありませんでした。
しかし、これが何時間も搭乗する必要があるフライトの場合、非常に辛いです。
そのため、もし次回3時間以上のフライトの場合は少しお金を多く払ってでも非常口座席を確保したいと感じました。
LCCと聞くと、大手航空会社と比べてシートピッチが狭いと考えている方が多くいます。